来てくれてありがとう^^

腸を美人に

 

腸内フローラって

最近良く話題になっていますよね^^

 

腸内環境

 

腸内(大腸)には100種、100兆個以上の細菌が居ます

体重50kgの人は1kgの細菌を飼っています^^:

 

善玉菌20% 悪玉菌10% 日和見菌70%

日和見菌は善玉菌か悪玉菌どちらか優勢な方に味方します

なので善玉菌優勢にしたいのです

 

善玉菌優勢にすると良いことばかり^^

 

腸内で発酵??

 

食物繊維が大事・・・って聞きますよね

何故かと言いますと

食べた食物繊維は胃と小腸を通過して大腸にたどり着きます

大腸にいる細菌たちが発酵、分解します

 

それにより短鎖脂肪酸と言うものが出来上がります

その中に酪酸と言うものがあって大腸粘膜のエネルギー源になります

 

酪酸が不足すると・・・

大腸の粘膜が萎縮して腸のバリア機能が低くなり

悪玉菌が増殖して腸内環境が悪化

細菌が粘膜を通過して血管から全身に・・・・

 

不溶性、水溶性食物繊維

 

食物繊維には不溶性水溶性があります

水に溶けるか溶けないかです

 

もちろんどちらもバランス良く摂るのが良いとされていますが

お腹の手術をした方高齢者

不溶性食物繊維を多く摂ると大腸に溜まりやすくなってしまいます

また腸閉塞の原因にもなりやすいので注意が必要です

・穀類(玄米、蕎麦、パスタ・・など)

・野菜(ごぼう、たけのこ、かぼちゃ、じゃがいも、千切り大根、こんにゃく・・など)

・豆類の外皮、果物類(柿、なし、バナナ・・など)

もちろん普通の方は沢山たべても問題ありません

 

水溶性食物繊維は便を整えて余分な糖や脂質を外へ出してくれます

高発酵性と低発酵性のものがあって

高発酵性の物の方がより腸内細菌が酪酸を作りやすくなります

・野菜類(人参、大根、おくら、なめこ、さといも、やまいも・・など)

・豆類(大豆、納豆、小豆・・など)

・海藻類(昆布、わかめ・・など)

・果物(キウイ、りんご、いちご、みかん、もも・・など)

・難消化デキストリン

 

高発酵性の王様

 

グァーガム酵素分解物(PHGG)

これはグァー豆から取った水溶性食物繊維です

グァー豆って初めて聞く方も多いかと思います(私も初めて^^)

インドやパキスタンに生息しているそうです

 

高発酵性食物繊維の良いところは上記にも書きましたが

善玉菌を増やし、腸の粘膜を修復して綺麗にしてくれます

すると便秘や下痢の改善、血糖値上昇抑制、コレステロール値や脂質異常を改善

良いことばかりではありませんか!!

 

しかしグァー豆・・・手に入らないよってなりますよね・・・

これは製品化されており世界で使われています

私も初めて知りましたが、日本の病院でも勧めている所多いそうです

それも日本の食品メーカーさん(太陽化学)

 

腸の粘膜を修復して綺麗に=お肌が綺麗になる、免疫力が上がる

私は早速注文し、飲んでおります^^

 

効果はまたお知らせしますね^^

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村


卵巣がんランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です