来てくれてありがとう^^

一軒家寒すぎ

外より寒い家ありますよね^^;

私の家もそういう日あります

あ〜沖縄に住みたい・・・

 

低体温・・・息子さん気づいて!

 

訪問している患者さんで、最近寒いせいか体温が34度台とか35度台の方がいます

でも、本人は寒く無いと言います

布団は薄め・・・

その場合、家族は気づいていません

家族自身は寒く無いので気づかない人もいるのです

寒いと言われたら対処するとは思いますが、本人も気づいていないので

誰もきづきません・・・^^;

 

全てでは決してありませんが

経験上、息子1人と住んでいる場合が多いです(息子さんすみません^^;)

男性って結構体温高い方が多いし、若いとなおさらです

じっと身動きしない老人が寒いとは察しがつかないのです

 

低体温は様々な病気を引き起こす原因になります

欧米では住宅の最低気温を規制する国が多いそうです

 

この間訪問した家で、患者さんの寝室が冷凍庫になっていました

本人は認知症で「寒い寒い」とカイロを体に貼りまくっているのですが

 

息子は全く気づきません

 

リビングでも暖房をかけないのです

それどころか換気と言い、窓を開け放っている家もありました(ここも息子)

私たちが指摘しても「??」な反応・・・

 

北海道は暖かい

 

冬の住宅内の話です

ほとんどの建物にセントラルヒーティング(家中暖か)がされていて

本州の家より断然暖かいと

外気温低下と自宅死亡率の相関性は西日本の方が高いそうです

 

私も冬になると常々セントラルヒーティングにしたい!!

って思います^^

 

マンションは割と機密性高いので温かい

木造の一軒家は結構風通しが良いので寒いことが多いです

(本当に外の方が温かいこと多いです^^;)

 

けっこう日本人って我慢する人多いですよね

寒さを我慢するのって辛い・・・

誰も褒めてくれませんし、良いこと1つもありません

 

低体温は万病の元

 

私って普段の体温低いのよね〜・・・って自慢げに言う人よく居ます

でも、それって実は恥ずかしいことなんです

 

代謝が悪く太りやすい

免疫力が低くなる

臓器が正常に機能しにくい

腸の動きが悪くなり便秘になる

ホルモンバランスが崩れる(不妊症の原因にも)

がんになりやすい

脳の血流が悪くなり記憶力が落ちる

など私って(上記みたいな)そんなことになりやすい人なんですって言ってるようなもの

 

老人は寒いと動きません

たちまち筋力が落ちて歩けなくなったり、寝たきりになってしまいます

 

対策としては・・・

歩く

筋肉をつける

お風呂に浸かる

水よりお白湯を飲む(温かいもの)

カイロを貼る

 

50年前は平均体温36.5度だったそうですが

今は36.2度だそうです

 

体温上げて健康で美しく

 

私はもともと冷え性ではありませんでした

抗がん剤治療中冷えていることに気づいたんです

 

子宮、卵巣を取ったのでお腹の体温も下がったのだと思います

 

そこでお腹と腰にカイロを貼ると

本当に調子が良くなりました

(生まれて初めてカイロと言うものを使いました)

お風呂は夏でも浸かるようにしています^^

 

代謝は上がり、免疫力もあがります

お腹の動きも良く便秘にもなりにくいのです

 

冷えていても気づいてない場合も多いので

一度自分はどうか、一緒に暮らしている人はどうか考えてみてください

体温を毎日測ってみても良いですね

 

温めると良いことだらけなのです

この冬は体温を上げて人生を楽しみましょう

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村


卵巣がんランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です