来てくれてありがとう^^

がん末期とリハビリ

なんか筋肉がおちたみたい

足がたたないからトイレに移動できない

リハビリしないと・・・

って言われます

 

頑張るのをやめない

 

以前も書きましたが

がんの患者さんに訪問看護が関わる時は

自分で自分の事が出来ないなど

自由に動けなくなってからが多いです(以前のブログはこちらから↗︎

それは、病状が進んでいるので仕方ないことです

 

しかしご本人は

家に帰って療養する方は、以前出来ていた事が出来ないので

不自由な思いを抱きます

そして、最近運動もしてないし、動かないと、リハビリしないとダメだってなるんです

 

それを、リハビリしても無理だって・・・

今まで頑張ったんだから、もうゆっくりしようよ・・・なんて言えません^^;

 

なので実際は理学療法士に訪問してもらいます

リハビリと言っても、

簡単な動作やベッドからポータブルトイレに移動する

というような事をその日の状態に合わせて少し実施してもらいます

 

しかし手足を動かす程度だけになって行ったり

中止になることも多いです

 

思うように、やりたいようにできれば

 

でも、少しでも日常生活動作が楽にできるなら、良いと思いますし

リハビリすることで気持ちが前向きになったりするなら

それでもいいかなって思います

 

どちらにせよ、本人の思うように出来たら良いなと思います

やろう、したいと思うならやれば良いです

せっかく自分の家に居るのですからね

 

なので本人にとっては

頑張ることも、頑張ることでは無いのかも知れませんね

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村


卵巣がんランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です