来てくれてありがとう^^

薬・・・のんだっけ?

年齢関係無く

あれ、さっき薬のんだっけ?

ってなりますよね、なりませんか?

私は飲んだかどうか真剣に考えたことがあります^^;

 

在宅での薬事情

 

在宅で治療する場合、ほとんどが薬での治療になります

しかし続けて飲むことが難しい方、本当に多いです

 

認知症の方や高齢者など(だけではありませんが)

薬が飲めなくて入退院を繰り返す方も多いのです

 

人それぞれで、出来ないポイントがあって

色々な方法があり、当てはめて解決していきます

 

例えば

◉単に忘れる場合は、薬カレンダーや日で区切られたボックスに看護師がセットします

 本人が自分でセットする場合もあります

◉それでも忘れる方もいるので、家族が薬の時間に電話したりもあります

 その場合は薬を減らして朝だけにしてもらったりもします

◉手がうまく使えず、薬のシートから出せない方は結構居ます

 その場合は薬を一包化(一回に飲む薬を一つの袋に入れる)にしてもらいます

 お金かかりますが・・・1割で4週間分だと120円ほどですから

◉独居で無理な場合はデイサービスに持って行ったりもします

認知症で薬を触ってしまう方は残りの薬を看護師が持ち帰ります

 また、ヘルパーや看護師が訪問のタイミングで飲ませたりします

 

最近困ったのは、独居、認知症の方で

薬カレンダーに入れた薬を触って入れ替えてしまったり

2重で飲んでしまったりしていました

本人はそれを覚えていないので、薬が間違っていると連絡が来たり・・・

試行錯誤しましたが

薬カレンダーを本人が見つけにくい所に隠して

そこから毎回、ヘルパーや看護師が出してのんでもらうことになりました

(その方はデイサービスが嫌い、家族が協力出来ないなど他の方法が難しかったのです)

 

それぞれ色々な事情もあるので・・・

 

頑張ってる薬剤師さん

 

そのような中

薬剤師さんにとても助けられています

例えば

◉薬を配達してくれる(取りに行けない方や栄養剤など重いので助かる)

◉薬カレンダーやボックスにセットしてくれる

◉うまく行く方法を考えてくれる

◉飲み忘れの薬を持っていくと再利用してくれる

などなど・・・

 

以前はこのようなサービスほとんどありませんでした

 

高齢化や認知症の方が増えたことや独居の方も多いですし

介護保険の影響もあるのでしょう

要望もあるでしょうけど、必要性も感じてのことではないでしょうか

 

そんなサービスを受けるには料金かかります

介護保険だと1回507円 (医療保険だと1回650円)

同居9人まで1回376円 (320円)なので夫婦で利用だとこれ

少々かかりますが、大変助かりますよ^^

 

私たちも連携して

一番良い方法を一緒に考えています

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村


卵巣がんランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です