来てくれてありがとう^^

がん検診って必要?

がん検診って無意味だって言う人が増えているようですね

スイスではマンモグラフィー廃止運動とかあるらしい

 

メリットもあればデメリットもあるので賛否両論かな

 

検診受けたって・・・

 

入院中、同じ卵巣癌の患者さんから

半年前にがん検診受けたのに、末期と診断受けた知り合いがいる

と聞きました

 

進行の早いがんなら確かにそういうことはあるかも

がんの種類や年齢も関係あるかな

 

がん検診のデメリットに

偽陰性というものがあって、見つけにくい場所や形だと発見できないことがあり

検診は100%ではないというもの

 

確かに何事も100%なんて無いとは思うけど

がん検診を受けるってことは白黒はっきりさせてもらいたい

・・・という思いがあるし

がんが見つからなければ、ものすごく安心する

 

発見できないこともあるし、安心はできないかもな・・・なんて思わないですよね

 

偽陽性と過剰診断・・・と言うデメリット

 

誰しも健康体に傷を付けたり、要らない治療したくないですよね

この2つのデメリットはまさにそんな感じ

 

偽陽性とはがん検診で、がんかも知れないという診断がついて精密検査をしたら

がんでは無かったと言うもの

明らかな白をはっきりさせるために必要だし

仕方ないといえば仕方ないのでしょうが

検査によっては痛みを伴ったり、精神的ストレスがかかってしまいます

 

過剰診断とは経過で消えたり、進行がんにならないがんを発見してしまうことです

どんながんが進行がんになるのか分かってない今日この頃

そんな治療の必要が無いがんにも全力の検査・治療を行う場合があります

 

死亡数は変わらない

 

乳がんや前立腺がんの場合、検診を受けた人と、受けなかった人

死亡数は同じだそうです

 

それよりも、偽陽性で痛みを伴う検査を受けた人や

不必要な処置や手術を受けた人は

がん検診を受けた人であって、もちろん受けなかった人には1人も居ません

 

またレントゲンなどの放射線被曝によるがんも

全体の3〜4%はいるとのこと

若い人の乳がん検診(マンモグラフィー)は悪影響と言われている所以

 

欧米では大掛かりな検診は不必要という認識が広まっているそう

日本では検診がビジネスになっているし

検診を信じているひとも多いのでなかなかの文化の違いw

 

人間ドックと言う言葉は日本にしか無いんだそうです

知らなかったな〜w

 

さて、どうするか

 

人によって考え方が違うので

それぞれが自分で情報あつめて決めるのが良いとは思います

 

私は今回卵巣癌でしたが

自覚症状が出てからの発見だったのでステージⅢaでした

確かに定期的に検診を受けていればもう少し早く見つかったのかも知れません

でもそれは後の祭りで

多分元気な頃の私は、何を言われようと受けてないと思いますw

 

卵巣癌に関しては治療後のフォローで10年通院必要と言われましたが

再発やその他のがんに関しては予防しようと思います

(精神的にも、肉体的にも・・・)

がん以外の病気もそうです

 

がん検診いらない派の意見では

がん検診にお金けるより、予防にかけた方が良いとのこと

 

どう思われますか??

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村


卵巣がんランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です