来てくれてありがとう^^

ゴミ屋敷

テレビのワイドショーなんかで取り上げられるような家もあれば

密かにゴミ屋敷になっている若い人のワンルームマンションもあり

さらには独居老人、普通の家族も・・・

 

訪問看護していると程度の差はあれど、結構多いことに気づきます

足の踏み場がないちょっとやばい家に入る時は

このような(写真の)足カバーを付ける場合があります(気持ちは、あのー靴のままでいいですかぁ??)

 

原因は・・・

 

様々な要因はあるでしょうが

精神疾患がからんでいることが多いでしょうね

また、そのような家に慣れている(親も片付けしなかった)

忙しくて片付け出来ない

高齢で体が動かず出来ない・・・などなど

 

訪問していて思いますが

当人は散らかっているとは思っているけど、さほど気にしていない^^;

家族で暮らしている場合は特にみんなが慣れている

小さい頃、散らかった家で育った人は、大人になってもそうなりやすい(違う人もいるとは思います)

 

周りはどうする??

 

訪問ナースとしては

本人が変えたいと思わない限りは何もできません

勝手に捨てる訳にもいきませんし^^;

基本周りは見ないようにして必要なケアだけをして帰ります

(衛生上問題な場合は別居の家族やケアマネジャーに相談します)

 

別居の家族やケアマネジャーからの働きかけで少し改善する場合があります

近所からのクレームがある場合はなおさら・・

 

私が経験した(知った)人は

ちょっと変わってるけど普通の家族(3〜4人)・・・誰も何も言えない

独居老人・・・本人と話し合ってヘルパーがゴミ捨て、掃除に入るなどできる

認知症の独居老人:本人のこだわりが強く、話し合いにならないこともある 物取られ妄想になることも 逆に掃除しても気づかない場合もある

 

物へのこだわり

 

人と物との関係って不思議なものがありますよね

精神状態や執着があらわれたり

今まで生きてきた過程やその人そのものが分かったり

 

私は断捨離、ミニマリストチームなので

ついつい家や物に目が行ってしまいます^^

捨ててと言われたらいくらでも捨てるんですが・・・

 

訪問すると、その人と家と物ひっくるめて、”その人”という認識になります

 

やっぱりその人の歴史とかこだわりがいっぱいなので

他人がとやかくは言えませんけどね

 

こうして介護保険で色々な人が出入りすると

変えざるおえないことも出てくるんでしょうね

 

それも仕方ないことなんでしょうか・・・

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村


卵巣がんランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です