来てくれてありがとう^^

医師という人について

 

こんなこと言ってもいいのかな・・・?

実際感じる本当のことだし

ま、いいか

 

横並びとプライド

 

最近は、って言ってよいのかな

昔は違ったからやっぱりそうだと思うけど

 

医療関係者はみんな横並びだよって言う医師が増えてきたように思う

実際の現場でもフレンドリーに接してくれるし、意見を尊重してくれる

しかーし

やっぱり医師のプライドの高さが邪魔してしまう

こちらとしては、度を越してはいけないと言う暗黙の了解があるのです

 

実際その場に居ないとイメージわかないかも知れませんね^^;

 

事例紹介^^

 

ある在宅診療医に、私が勤める病院から患者さんを紹介しました

もちろんその病院の所属である私たち訪問看護が訪問する予定の患者さんです

ところが・・・

その在宅医は 別の 訪問看護ステーションに訪問依頼をしたのです

え?え?

どゆことですか?

その在宅医からは何の説明もありません

依頼された訪問看護ステーションから連絡があり「言いにくいのですが・・・」と

 

いやいや、ビックリ^^::

 

後で聞いたのですが

その医師には、以前私たちと組んだ時のことがトラウマになっていると

 

私たち看護師に指示された・・・と言うのです

 

たぶん指示なんてしていません

まあ、報告や意見はしたと思います

それを「指示された」と捉えたんですね・・・ふーん、小さいね

 

私たちも患者さんのためを考えて意見くらい言いますよ

 

もう1人居ました

その医師は看護師判断で何もできません

逐一報告して指示をもらわないとダメなんです

全てにおいて自分のやりかたでないと嫌なのでしょうね

 

一緒に考えてよりよく

 

私は看護師の立場から

医師から見えない部分をフォローし

情報共有したいのです

その上でより良い治療方針を立ててもらったり

 

その人にとって何が一番良いか、一緒に考えたいのです

 

上記の事例はけっこう若い医師です

これからは他職種と連携して意見を吸収できない医師は

やっていくの大変だと思うけど・・・

 

そういう医師とは必然的に私たちも一緒に組むのを敬遠します

その医師はきっと変わらないから

看護師も医師を選ぶ時代が来たんでしょうか

でも、それはある意味、患者さんのためでもあるし・・・

 

一緒に考えてくれる医師が増えたらいいなあ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村


卵巣がんランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です